残暑見舞い の贈り物とマナーは?

未分類
一般的に残暑見舞いは、
夏の終わりの時期に贈るものに当たります。

この時期は暦の上ではすでに秋を迎えていますが、
それにもかかわらず夏と変わらないような暑さが続いている時期に届けることが、
一つのマナーとなります。

残暑見舞いの風習が始まったのは、
お盆の贈答習慣が元になっているといわれていますが、
日ごろからお世話になっている人たちを見舞う意味が込められています。

江戸時代にはすでに近所の人や親族にはあいさつ回りが行われていましたが、
この文化を簡易的なものにしたものであり、
現在では手紙や贈り物として済ませる習慣が生まれました。

この人には出さなくてはならないという明確な決まりがあるわけではないため、
自分が是非とも贈りたいと感じた相手に対し贈ることになります。

残暑見舞いはお盆を基にした文化にあたるため、
暑中見舞いを出した場合には贈る必要はありません。

時期により適した方を選択したうえで、
ご挨拶とするようにしましょう。
目上の方に対して贈るのが一般的なマナーとしても知られているので、
会社の上司や学校の先生などに贈る人も当然見られます。

これからも良好な関係を築いていきたい、
これからもよろしくお願いしますという意味を込めて、
心をこめた対応が望まれます。

残暑見舞いの贈り物のマナーとして注意したいことは、
暑中見舞いとの内容の重複に注意を払うことです。

残暑見舞いを贈る時期というものは、
暑中見舞いやお中元などをもらい、
あまり間があいていないタイミングと言えます。

一定の地位がある人の場合には、
様々な人からお中元をもらっていることが考えられるでしょう。

選ぶものによっては、
内容がすでにもらっているものと重複してしまう可能性も考えられます。

このようなことからお中元として
選ばれやすい清涼飲料水やフルーツなどの定番の品は、
できるだけ避けた方がよいと言えるでしょう。

例えば話題のスイーツやこだわりのグルメギフトなどのような、
定番ではない特別な品物であれば、
内容が重複するリスクを抑えることにもつながります。

またこのような場合に備えて、
受け取った相手が自由に選ぶことができるカタログギフトを贈るのも一つの手段となります。

もしもお中元に対するお返しを贈りたいのであれば、
もらった品物のだいたいの金額に合わせて、
カタログの金額を選ぶことができるでしょう。

予算の調整もしやすく贈る側にとってもメリットがあり、
またもらった側にとってもどんな人にも喜ばれやすいアイテムといえます。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました