七夕飾りは笹?竹?

未分類
七夕飾りにはが良いのかが良いのか
迷ってしまうと言うことも少なくありません。

またそもそもこの2つの区別が明確になっていないと言う人も多いのですが、
一般的にはが使用されていると言うイメージを持つ人が多いものです。
様々な歌の中にもが出てくることが多く、
と言う表現をしているものは決して多くはありません。

実際のところでは特に最近ではどちらでも良いと言うのが一般的です
その理由はどちらも形状が非常によく似ており、
また、状況によってその雰囲気を上手に表現することができるため、
逆に状況によって使い分けることが
非常に良い方法であるとされているためです。

そのため、それぞれの特徴を
よく知って使い分けることも1つの方法となっています。
厳密にはこの2つは異なる植物であり、
笹は幹が細く1つの場所に密集して入れる性質があり、
またそれほど背丈も大きくならないと言う特徴があります。

対して竹は幹が太く大きくなるので、
広い範囲に生育することが多い植物であり、
またその生育力も非常に強いのが特徴です。
非常にしっかりとしているイメージがあるので、
安定感が高いのもポイントとなっています。

古くは七夕は自分の家の庭などでひっそりと行うことが多く、
そのため背丈の低いが好まれることが多くなっていました。

またの場合には非常に背が高いため
なかなか飾り付けなどを行うことが難しく、
さらに非常に生育が早いので
手が届かなくなってしまうといったことも少なくありません。

このようなことから一般的には背丈の低いものが使用されることが
多くなっていったと考えられています。
しかし基本的にはその形が似ていることから
どちらでも良いと言う考え方が一般的であり、
特に七夕がイベントのように行われることも多くなっている現代では
比較的大きな飾り付けをすると言うことも少なくありません。

有名な仙台の七夕祭りなどでは巨大な飾り付けを行うことから
を使用することが多く、
これが非常に美しいものとなっています。

またその飾り付けに対して多くの人が違和感を感じることもなく、
むしろ非常に風流なものであると感じていることが多いのです。

七夕飾りは基本的には自分の願い事を短冊に書いて飾りつけるものであるため、
ひっそりと行うことが多いものでした。
そのため比較的小さな飾り付けとすることが多いことから、
その時に使用した植物の名前を記載していることも多いのですが、
現在では大きな飾り付けをすることも多いため、
どちらでも良いと言うのが一般的です。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました