七夕の時に食べられる料理?スウィーツは?

未分類
七夕は1年に1度織姫と彦星が天の川を越えて
出会うことができる日とされ、
笹に短冊をつるすことで
願い事が叶う日でもあるとされています。

そのため非常に華やかな日であるイメージがありますが、
これは江戸時代に大陸から伝わった風習が
日本の様々な考え方と合わさって始められたものとなっています。

しかしそれ以前には主に
貴族等の間で行われていた様々な芸の上達を祈願したり、
心身の汚れをお祓いするための行事が行われる日となっていました。

現在のような華やかなお祝いの日ではなく、
様々な願い事を祈る厳粛な儀式でもあったのです。

七夕の7月7日は現在の日付ではなく、
旧暦の日付であることがわかっています。
旧暦での7月7日は現在では8月半ばごろにあたり、
これは現在の日付ではお盆の日にちと重なります。

すなわち、七夕の期限はお盆にあるとも考えられており、
そのために様々な願い事をすることで
亡くなった人たちとの交流が図れると考えられていた面もありました。

もともとお盆の時期には亡くなった人たちの魂が
現世に舞い戻り現在の子孫と交流すると考えられている時期でもあるため、
七夕の夜に先祖に供え物をしたり
願い事を祈るなどといった行為を行い、
翌朝にこれを川に流してお祈りをしていたことがわかっています。

そのため、織姫彦星が出会うと言う非常にロマンチックな設定も
亡くなった人と子孫が交流すると言う部分と重なる面があるのかもしれません。

七夕の料理スウィーツは見た目には非常に華やかなものですが、
その中にはお盆との関連性も非常に深いものが少なくありません。

料理の中ではそうめんが非常に有名であり、
これは天の川に見立てて食べると言う説もありますが、
もともとは麦をひねって揚げた、
かりんとうに似た甘いお菓子であったことがわかっています。

これが現代のそうめんに変化したとも言われています。
過去に中国で若い王子がなくなり、
その後様々な悪いことが連続して発生することになったため、
これは亡くなった王子のたたりだとして沈めるために
王子が生前好きだった麦の捻り菓子を供えたところ、
おさまったと言う説があります。

そのため麦の捻り菓子はこの時期に食べられるスウィーツへと変化し、
日本ではその形が似ていることから
お菓子ではなく食事として食べられるそうめん
変化していったと言われているのです。
このような様々な暦の歴史があり、
この時期に食べられる料理になっているのが由来です。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました