暑気払いの意味は?飲み会もあり?

未分類

暑気払いとは「暑さをうち払う」という意味で、
飲み会などで冷えた清涼飲料水ビールなどを飲むことがイメージされますが、
昔は暑さが続く時期に体にたまってしまう熱を冷やす効果のある漢方
果物野菜などを食べて熱気を取り除く行為のことをさしていました。
現代では単純に暑さで参ってしまう時期に、

ストレス発散や英気を養うための宴会を行ったり冷たいものや
夏の季節にあう食材を食べること自体も意味合いとして持ち合わせています。

時期としては6月の初めから9月の上旬ごろが目安とされていますが、
一番適した時期としては小暑と呼ばれる梅雨が明けこれから夏の暑さが増してくる時期に行われるのが一般的です。

梅雨明けの時期は地域によって異なるため、
7月中旬から下旬ごろを想定しておくと良いでしょう。
飲み会など実際に人と会う場合には予定を事前に合わせることが出来るのであまり問題はないかもしれませんが、
季節の挨拶を目上に送る場合などは時期があっているかなども確認して使いたい言葉となっています。

暑気払いは熱をとることを目的とすることから
冷たい食事飲み物が連想されますが、
漢方の考えから体を冷やす効果のある薬湯が飲まれていた時代もあります。

冬の飲み物の印象が強い甘酒は実は夏の飲み物で、
夏バテ防止のための栄養補給としても使われていました。
最近では熱を払う事はもちろん、
食べて健康になるという意味合いも強くなっています。

「暑さをうち払う」効果のある食材の中には麦も含まれているので、
飲み会でビールを飲む行為は暑気払いになると言えるでしょう。
夏の旬の野菜であるトマトキュウリ
スイカなどには体を冷やす効果があるので、
おつまみなどを選ぶ時に夏野菜が含まれたものを選ぶのもおすすめです。

アルコールが苦手な方は小麦の粉から作られている素麺うどんなどもおすすめです。
かき氷アイスクリームなどの冷たいデザートもあれば、
飲み会をより楽しむことが出来るでしょう。

「暑さをうち払う」ことができる暑気払いですが、
クーラーのつけすぎなどで体を冷やしてしまっている場合には
逆効果になってしまう事もあるので体質や体調に合わせた食材を選んで楽しむようにして下さい。

食欲の落ちてしまう時期は、
栄養が偏ってしまっていることもあるので
ビタミン類たんぱく質を取ることも大切です。

暑気払いは食材などから英気を養い、
夏の暑い時期にも健康に過ごすことが本来の目的ですので、
自分に合った方法で取り入れてみてはいかがでしょうか。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました