お中元、お歳暮は時期はいつ?

未分類
上司や恩師など、
お世話になった人に対し日頃の感謝を込め
贈り物をするお中元お歳暮には時期があります。

一般的にお中元は夏、お歳暮は年末と漠然としたイメージで
時期は考えられがちですが、
旧暦に基づき適切なタイミングがあるので、
期間内に送るようにしなければいけません。

お中元の時期には地域によって違いがり、
東日本なら7月上旬から15日まで、
西日本なら7月中旬から8月15日までです。

同じ東日本でも北海道は8月15日までの場合もありますし、
西日本でも九州地方は8月初旬から8月15日までなど
地域によってお中元のタイミングは細かく分かれているので注意が必要です。

もし一般的な期間に間に合わないようなら、
のしの表書きを変えて送れば問題ありません。
8月8日か9日の立秋までに届けられるなら暑中お見舞い
立秋以降になるなら残暑お見舞いに表書きを変更します。

季節に合わせて表書きを変更すれば、
多少遅れてもマナー違反にはなりません。

お歳暮の送る時期も同じく地域によって差があり、
関東地方は11月下旬から12月20日前後
そのほかの地域なら12月13日から12月20日まで一般的です。

関東地方は1ヶ月程度の猶予がありますが、
そのほかの地域は1週間と短い点は大きな違いとなっています。

基本的にお歳暮は遅くとも12月25日までに送らなければいけませんが、
表書きは年内までなら使えます。

しかし12月31日を過ぎ年が明けてしまうと、
表書きを変えなければいけません。

関東地方なら松の内の1月7日まで、
関西地方なら1月15日までにお年賀として送れば失礼にはなりません。

もし間に合わないようなら、
表書きを変えて対応してください。

古くからの習わしではこのような時期となっていますが、
近年はデパートでの商戦が早まっていて、
それに伴い送るタイミングも年々早くなっています。

お中元なら6月頃からデパートに専門の売り場が登場することもありますし、
お歳暮も同じように11月頃から売り場に並んだり、
注文の受付を開始しています。

そのため実際に品物を選ぶタイミングは早まっていて、
遅くなると売り切れで贈りたいものを贈れない可能性も高いです。

早めに注文しても、
実際に配送されるタイミングは世間一般の常識に合わせてくれるので、
準備は早めにしておくのがおすすめです。

お世話になった上司や恩師に本当に贈りたいものを贈るなら、
マナーは守りつつも早めに準備をしてください。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました