お盆の墓参り お迎えとは?

未分類
お盆は地域によって異なりますが、
東京など首都圏においては7月15日に、
地方では8月15日を中心として行事を行うことが多いです。

暦の上では13日から16日の4日間をお盆としており、
13日は入り盆、または迎え盆、16日は送り盆となっています。

語源は盂蘭盆会であり、
もともとは先祖供養施餓鬼供養の意味がありました。

先祖供養の意味で行うことが多いのですが、
自分たちの先祖だけでなく、
餓鬼の霊も社会全体で供養をするという意味も込められています。

お墓参りの時にご先祖様をお迎えに行く、
という表現を年配の人が使用することがありますが、
これは迎え盆のことを指しています。

日本ではご先祖様の霊がお盆の時期にあの世から戻って来ると考えられており、
道に迷うことなく家まで到着できるように準備を行います。

逆にお盆が終わってご先祖様があの世に帰る時には
送り火を焚いてお見送りをすることを送り盆と表現します。

ですがこの考え方も宗派によって異なっており、
浄土真宗においては亡くなるとすぐに仏となり
極楽浄土へと行かれると考えられているため、
このような準備などは行いません。

ですがこの時期のことを歓喜会と呼び、
法話会などを開いて仏法を聞いたりしますし、
飾りつけも行ったりします。

他の宗派に比べると大変シンプルであり、
餅や仏飯、お菓子のみとなります。

これは浄土真宗の考え方に基づいており、
浄土の世界にはきれいな水や食べ物がたくさんあるとされているので、
多くのものはお供えしないことになっているからです。

地域によって準備の仕方が異なりますが、
午前中に家族そろってお墓参りに行き、
お墓の前で炮烙と呼ばれるお皿の上で
オガラと呼ばれる麻の茎を乾燥させたものを燃やす、
もしくはカンバと呼ばれるシラカバの木の皮を乾燥させたものを
細かく裂き焚きます。

ここから出てくる煙にのって、
ご先祖様の霊が戻って来るとされており、
朝早くに行くようにするのが一般的ですがこの時刻に関しても地域差があり、
夕刻に行くところもあります。

もし、お墓の前で火を焚くことができない場合は、
自宅前で行っても良いですが、
それも難しい場合は盆提灯がその役割を果たします。

近年住宅事情によって、
なかなかカンバなどを焚くことができないケースもあるので、
盆提灯を灯して道しるべを作ると良いです。

なお、ご先祖様をお迎えするにあたっては
様々な飾りつけを行うことが多く
精霊牛精霊馬に見立てたなすやきゅうりの飾りを作ったり、
お盆のお供え物を用意したりします。

家族みんなでご先祖様に家に帰ってきてもらう、
という意味があるのが迎え盆となります。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました