衣替えの時の子供服の収納方法は?

未分類
子供が普段身につけている衣類は、
毎日を過ごすたびに大人よりも汚しやすいため
自然と服の量が増えてしまうという特徴を持っています。

そうなると小さな子供服でも数が増えることにより
収納スペースを圧迫しやすくなり、
季節ごとに衣替えをする際に入れ替えに
かなりの時間がかかってしまうという声も少なくありません。

特に子供は成長すると共に服もサイズアウトしやすいので、
どのが着用できなくなったか一つずつ確認していくのも
時間がかかってしまう原因となります。

そこで衣替えの時の子供服の収納方法として、
おすすめしたいのが衣替えは基本的に
冬物夏物のみを入れ替えるようにしましょう。

そのため秋春物は一切入れ替えをしないことがポイントになります。
衣類の入れ替え行う際にはまず全ての服を広い場所に集め
収納ボックスなどを全て床に引き出して
中身がしっかり見える状態にしておくようにしましょう。

大人服の衣替えの際には、
季節中にほとんど着なかった服や飽きてしまった服を
この時点で選り分けて処分するなどの方法がありますが、
子供服の場合はサイズダウンをして
着ることが出来なくなっている服も出てくるので、
全ての衣類を見える状態にしてからサイズダウンしてしまったものを
選り分けましょう。

来シーズンでも着ることが出来る服のみ
別に用意しておいたソフトボックスなどの
スペースに中に綺麗に畳んで入れ替え、
このとき汚れが目立つ服はすぐに処分し、
サイズダウンしてしまったものは綺麗な服に限り
欲しい人がいる場合には譲るなどして処分することが大切です。

秋春物は基本的に入れ替えを行う必要はなく、
収納ボックスに入れたままにしておき空いたスペースに冬物
もしくは夏物を入れ替えるという方法をとることによって、
季節ごとに衣類を広げる手間がなくなり
衣替えが手短に完了させることができます。

市販されている収納ケースは
プラスチックのシンプルなタイプを利用しているご家庭が多いのですが、
子供の人数が多い家庭や
大人の衣類も同じ専用ケースに入れて積み上げているという場合、
どのケースに何が入っているのか
判断できない場合も少なくありません。

そんなときにはケースに何の衣類が入ってるのか、
アイコンラベルを付けておくと
すぐに衣類の場所を見つけることが出来るのでおすすめです。

子供にもわかりやすい文字で記載しておけば、
お手伝いをお願いしたい時に子供に率先して
自分の服をしまってもらえる練習も出来るので、
なるべくわかりやすくすることがポイントになります。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました