梅雨時の紫陽花を使った挨拶は?

未分類
梅雨の時期は長雨が続くばかりでなく、
空気もじっとりとして非常に嫌な雰囲気になってしまうことも少なくありません。
そのような時期に美しい花を咲かせる紫陽花は多くの人の心を和ませてくれるものです。

そのためこの紫陽花は様々な場面で気分を盛り上げるたとえとして広く利用されてきました。
日本では手紙の文化が非常に発達しており、
その冒頭の部分に季節の挨拶を添える風習があります。

様々な季節を表す単語を盛り込みながらその雰囲気を相手に伝えることで、
四季を感じることができる文章とするのです。
これは古くから貴族の間で詠まれていた和歌に由来するとも考えられており、
季節の挨拶から文章を始めることでお互いの気持ちを和ませ、
またその空気を感じることができる内容とすることができるものとなっています。

梅雨の時期には、
その直の言葉を文章の初めに示すことが
季節感を表すために良い方法となっていますが、
そのまま梅雨と言う言葉を使用するのでは
非常に重く暗いイメージを与えてしまうことになります。

そのためこの時期に咲く紫陽花を季語に使用することで、
じめじめした毎日の中に明るい話題を提供することができるようになっています。
これは1つの日本人の知恵であり、
また読む側を嬉しい気持ちにさせる表現方法となっているのです。

紫陽花を使った季節の挨拶には様々なものがあります。
例えば、
雨に濡れた紫陽花の色が、ことのほか美しい季節となりました。
と言う表現は、
梅雨が続いておりジメジメとした日が続く中で
一筋の光を与えるような爽やかなものと感じられることが少なくありません。

花の美しさを上手に表現した文章でもあり、
読む側も明るい気持ちになる文章でもあります。

日本人はこのような文章を上手に利用した表現をすることで、
様々な状況をやんわりと伝えるとともに、
その伝え方にも工夫をしながら気持ちを盛り上げる方法をよく知っています。

じめじめした天気の中でも植物にとっては
豊富に水が与えられ命が吹き込まれる重要な時期であることから、
その後の暑い夏を乗り切ることができる活力を得る時期でもあるのです。

考え方によっては長く雨が続き非常に嫌な時期と思われる梅雨時ですが、
この時期に咲く花にとっては非常に重要なものでもあり、
またその美しさを際立たせてくれるものとなっています。

その美しさを切り取った形で表現するこの時期の挨拶は非常に美しいものでもあり、また心を和ませてくれる重要なものとなっているのが特徴です。

SNSフォローボタン

タイトルとURLをコピーしました